医学書院

医学書院の各種セミナ-
Seminar

セミナー開催のご案内
Information

看護教員「実力養成」講座2019(東京会場)

カリキュラム改正のポイントとその対応

日時
2019年10月12日(土)13:00~16:30(12:00開場)
会場
JA共済ビル カンファレンスホール
会場への地図・交通案内
定員
200名
受講料
6,000円(資料代、消費税込、事前振込
詳しくはお申し込み完了後にお送りする自動返信メールをご覧ください。
対象
主に看護教員

申し込みはこちら

厚労省「看護基礎教育検討会」を中心に2022年入学生からの導入に向けた第5次カリキュラム改正の検討が進められていますが、その試案の公開が今秋以降にも予定されています。今回の改正では、従来からの過密カリキュラムの課題に加え、少子超高齢多死社会の進展に伴う医療提供体制の変化に応じた教育内容の見直し、とりわけ地域包括ケアシステムを意識した方向性が打ち出されています。具体的には、臨床判断能力の強化を目指した単位数の増加、領域横断等の柔軟なカリキュラム編成、地域包括ケアが進むなかでの在宅看護論の位置づけの見直し、多職種連携教育の強化などが採用される見込みです。従来の対象特性別、発達段階別の基本的な枠組みは維持される予定ですが、その分、これらの改正内容をカリキュラム上で各校が裁量しなければならないという意味においては、今以上に各校・各教員におけるカリキュラムの評価と改善が重要になってきます。本セミナーでは、厚労省「看護基礎教育検討会」構成員として尽力されてきた山田雅子先生と池西静江先生に第5次カリキュラム改正のポイントとその具体的な対応について解説いただくとともに、教育学の専門的立場から西岡加名恵先生にカリキュラムの基本的な評価と改善方法について解説していただきます。

講師

司会・講師:山田雅子先生
司会・講師:山田 雅子 先生
(聖路加国際大学大学院看護学研究科在宅看護学分野・教授)

1986年聖路加看護大学(当時)卒。新卒時に聖路加国際病院公衆衛生看護部で訪問看護に携わる。セコム在宅医療システム株式会社(当時)、セコメディック病院看護部長、厚労省医政局看護課在宅看護専門官を経て2007年より現職。著書に『≪系統看護学講座 統合分野≫在宅看護論(第5版)』(共著、医学書院)等多数。厚労省「看護基礎教育検討会」構成員、「看護師ワーキンググループ」座長。

講師:池西 静江 先生
講師:池西 静江 先生
(Office Kyo-Shien代表、日本看護学校協議会会長)

国立京都病院附属看護助産学院、京都府立保健婦専門学校(現京都府立医科大学)卒。国立京都病院を経て、京都府医師会看護専門学校、京都中央看護保健大学校での勤務の後、2013年にOffice Kyo-Shien開設。2017年より日本看護学校協議会会長。著書に『看護教育へようこそ』(共著、医学書院)等多数。厚労省「看護基礎教育検討会」および「看護師ワーキンググループ」構成員。

講師:西岡加名恵先生
講師:西岡 加名恵 先生
(京都大学大学院教育学研究科・教授)

1995年京都大学大学院教育学研究科修士課程修了。1998年英国バーミンガム大学教育学研究科Ph.D.(Ed.)取得。1999年鳴門教育大学講師、2004年京都大学大学院教育学研究科助教授、2007年同准教授(職名変更)、2017年より現職。著書に『看護教育のためのパフォーマンス評価 ルーブリック作成からカリキュラム設計へ』(共著、医学書院)等多数。

プログラム(予定)

  • 1)カリキュラム改正のポイント(山田雅子先生)
  • 2)カリキュラムの評価と改善(西岡加名恵先生)
  • 3)柔軟なカリキュラム編成とは:領域横断科目の考え方と設計(池西静江先生)
  • 4)在宅看護論の位置づけと教育内容(山田雅子先生)

参加申し込み方法

下の「申し込む」ボタンをクリックし、応募フォームからお申し込みください。

申し込む

  • お申し込みの前にセミナー申し込みご利用案内をお読みのうえ、お申し込みから当日までの流れ、セミナーの収録・使用、個人情報のお取り扱い等についてご確認、ご了承ください。
  • 先着順で、定員に達し次第、受付終了となります(応募フォームのトップページで最新の受付状況をお知らせします)。
  • お申込終了後、お申込み受付と、受講票をメールにて送信いたします。
  • TEL、FAX、E-mailでのお申し込みは受け付けておりません。上の[申し込む]ボタンからお申し込みください。

お問い合わせ
(お申込み内容の訂正など)
Contact Us

福田商店広告部 北井/花木
〒540-0024 大阪市中央区南新町2-4-3 グランドソレイユ1階
TEL:06-6941-5600(平日9:00~12:00、13:00~17:00)
FAX:06-6941-5605
E-mail:

※ご講演内容に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

株式会社医学書院 PR部 セミナー担当
TEL:03-3817-5698(平日9:00~12:00、13:00~17:00)
E-mailでのお問い合わせ