医学書院

医学書院の各種セミナ-
Seminar

セミナー開催のご案内
Information

ポケットエコー活用セミナー

Point-of-Care超音波ベーシックス

主催:医学書院 共催:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

日時
2019年9月21日(土)13:00~18:00(12:30開場)
会場
東京都文京区・医学書院 本社2階 会議室
会場への地図・交通案内[PDF 311KB]
定員
座学+ポケットエコー研修25名(1ブース5名×5ブース)
座学+見学25名
受講料
座学+ポケットエコー研修 8,000円※1
座学+見学 4,000円
(資料代、消費税込、事前振込※2
※1 研修用のポケットエコーは会場にて各ブース1台貸し出しいたします。
※2 詳しくはお申し込み完了後にお送りする自動返信メールをご覧ください。
対象
医師、研修医、医学生。
見学のみの方は関心のある医療者ならどなたでも

申し込みはこちら

臨床医が診断推論に基づき観察部位を絞って行う超音波検査として、いま注目を集めているPoint-of-Care超音波(POCUS)。
本セミナーでは、ポケットエコーを用いて、内科救急の現場でよくみる腹部・循環器・呼吸器疾患へのPOCUSの活用法を解説します。
身体診察とPOCUSをどう組み合わせて用いるかなど、聴診器のように日常的に超音波を活用するためのノウハウを伝授します。

講師

亀田 徹 先生
亀田 徹 先生
(安曇野赤十字病院救急科/自治医科大学臨床検査医学非常勤講師)

1996年北海道大学医学部卒業。札幌と東京で救急・集中治療の研修、超音波検査室で1年半の研修を経て、2009年より現職。2000年頃に普及しはじめた携帯型超音波装置と出会い、超音波を本格的に学びはじめる。その後、Point-of-Care超音波研究会設立にかかわる。日本超音波医学会指導医、日本救急医学会指導医。

プログラム(予定)

超音波の基礎
ポケットエコーの使い方
GEヘルスケア・ジャパン株式会社より
呼吸器(レクチャー・ハンズオン)
腹部(レクチャー・ハンズオン)
循環器(レクチャー・ハンズオン)
Q and A 皆様の疑問にお答えします!

※『内科救急で使える! Point-of-Care超音波ベーシックス』をテキストとして使用します。事前にお読みいただくとセミナー内容への理解が一層深まります。当日会場にて販売も予定しております。

参加申し込み方法

下の「申し込む」ボタンをクリックし、応募フォームからお申し込みください。

【ポケットエコー研修】申し込む

【見学のみ】申し込む

  • お申し込みの前にセミナー申し込みご利用案内をお読みのうえ、お申し込みから当日までの流れ、セミナーの収録・使用、個人情報のお取り扱い等についてご確認、ご了承ください。
  • 先着順で、定員に達し次第、受付終了となります(応募フォームのトップページで最新の受付状況をお知らせします)。
  • お申し込み終了後、受付確認メールでお支払い方法(銀行振込)をご案内いたします。お手数ですが、期限内のご送金をお願いいたします。弊社での入金確認をもちましてお申し込み完了となります。
  • お支払い完了後、受講票をメールにて送信いたします。

お問い合わせ
(お申し込み内容の訂正など)
Contact Us

株式会社医学書院 販売・PR部 セミナー担当
TEL:03-3817-5698 FAX:03-3815-7850
E-mail:
お電話でのお問い合わせは平日9:00~12:00、13:00~17:00にお願いいたします。
TEL、FAX、E-mailでのお申し込みは受け付けておりません。上の[申し込む]ボタンからお申し込みください。