医学書院

医学書院の各種セミナ-
Seminar

セミナー開催のご案内
Information

マインドフルネスをがん診療に活かす

このセミナーは終了いたしました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

日時
2018年11月10日(土)13:00~17:30(12:30開場・受付開始)
会場
ナレッジキャピタル Room B02(グランフロント大阪 北館 タワーB 10F)
会場への地図・交通案内
定員
90名
受講料
6,000円(税込、資料代を含む、当日払い)
割引キャンペーン実施中です

※詳しくはお申し込み完了後にお送りする自動返信メールをご覧ください。

対象
がん診療に関わる医療従事者(医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、MSWなど)

ストレスマネジメントや燃え尽き症候群の予防は、医療従事者にとって重要な課題です。患者に寄り添う医療を心がけるあまり、医療従事者が自分自身に気づかなくなることが少なくありません。
本セミナーは、講義とワークを通してマインドフルネスの理解を深め、がん診療や生活に活かせるようになることを目指しています。医療従事者が自ら心を調え、心を開き、心を込めることが肝要となります。参加者にとって、良い機会となることを願っています。

講師

恒藤  暁 先生
恒藤  暁 先生
京都大学医学部附属病院 緩和医療科 教授

1985年筑波大学医学専門学群卒業後、1993年に英国St Christopher's Hospiceに研修。
淀川キリスト教病院ホスピス長、大阪大学大学院人間科学研究科 臨床死生学講座助教授、大阪大学大学院医学系研究科 緩和医療学寄附講座教授を経て、2016年より現職。
モントリオールで2008年に開催された国際緩和ケア学会において、Whole Person Careとマインドフルネスに出会い、その実践と教育に取り組んでいる。

朴  順禮 先生
朴  順禮 先生
慶應義塾大学看護医療学部 専任講師

2001年より慶應義塾大学看護医療学部助教、武蔵野大学心理臨床センター研究員を経て、2008年より現職。看護師・臨床心理士。
現在、看護学生への教育および慶應義塾大学病院緩和ケアセンターのメンバーとして、外来がん患者へのカウンセリングを担当している。専門は、サイコオンコロジー、緩和ケア。
最近では、がん患者のケアだけでなく、医療従事者のケアとして、マインドフルネス実践と研究を行っている。

プログラム(予定)

  • レクチャー1
    「マインドフルネスの理論」
  • ワーク1
    呼吸瞑想、ボディスキャン
  • レクチャー2
    「マインドフルネスの実践」
  • ワーク2
    ヨガ的ストレッチ、坐瞑想
  • 質疑応答

※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。

割引キャンペーンのご案内

医学書院の雑誌「Cancer Board Square」2018年年間購読お申し込みの方は受講料を3,000円割引させて頂きます。
まだお申し込みでない方は、是非、この機にお申し込みを検討ください。お申し込みはこちら
また、セミナー当日もお申し込みを受け付けます。

なお、年間購読をお申し込みの場合は、応募フォームの所定の欄にチェックを入れてください。

「Cancer Board Square」とは

「Cancer Board Square」表紙

医師、看護師、薬剤師にソーシャルワーカーなど、がん診療に関わるすべての医療従事者に求められる横断的な知識を提供。実際の症例をベースに、臨床で遭遇しやすいリアルなトピックを取り上げます。
医学から物理学、人文学まで、様々な視点から「がん」について考える、新しいがんのプラットフォームです。

詳しくはウェブサイトをご覧ください。
http://www.igaku-shoin.co.jp/journalPortal.do?journalPortalId=430

お問い合わせ
(お申込み内容の訂正など)
Contact Us

株式会社医学書院 販売・PR部
TEL:03-3817-5698 FAX:03-3815-7850
E-mail:

お電話でのお問い合わせはともに平日9:00~17:00にお願いいたします。
TEL、FAX、E-mailでのお申し込みは受け付けておりません。上の[申し込む]ボタンからお申し込みください。