医学書院

医学書院の各種セミナ-
Seminar

セミナー開催のご案内
Information

看護教員のための教育力UPセミナー

VR×看護教育
患者の立場に立てる教育をめざして

このセミナーは終了いたしました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

日時
2018年10月6日(土)13:00~17:00
会場
東京都文京区・医学書院 本社2階 会議室
会場への地図・交通案内[PDF 311KB]
定員
60名
受講料
8,000円(税込、『看護教育』年間購読を個人でご契約の方は当日5,000円キャッシュバック。事前振込)
対象
看護教員、病院管理者・研修担当者の方

VRを体験されたことはありますか?その没入感は驚きです。今回みなさんに体験していただくシナリオは、「患者さん視点での看護師」をリアルに感じられるもの。「患者の立場に立つ」ための教材をめざしました。本セミナーで、VRの魅力を体感していただき、さらなる活用の可能性について、みなさんで未来の話をしましょう!
※参加者全員がVRを体験できます(機材を1人1台ご用意)。

講師

下河原 忠道 先生
株式会社シルバーウッド代表取締役/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀」運営

2016年「VR認知症プロジェクト」を開始、官公庁や海外など多数の体験会を実施。ケア従事者の気づきを引き出し、力となるためVRを作成。

山川 みやえ 先生
大阪大学医学系研究科保健学専攻准教授

公益財団法人浅香山病院をメインフィールドに、地域社会における認知症ケアが専門。今回のシナリオを作成。多職種をつなぎ、VRを用いた新たなケアの教育を探求。

内海 桃絵 先生
大阪大学医学系研究科保健学専攻准教授

感染管理、看護教育、在宅患者支援を専門とし、看護師の継続教育や学生理解の研修に豊富な経験をもつ。ファシリテーターの養成にも参画。

プログラム(予定)

13:00
開演
13:00~14:20
講演・VR体験・体験の共有(4種類のVRコンテンツを体験します)
14:20~14:30
休憩
14:30~14:50
学生を対象にしたVR研修の報告、VRに向くシナリオの特徴と傾向
14:50~17:00
グループワーク(VRシナリオと活用方法の発想)、アイデアの共有、質疑応答

お問い合わせ
Contact Us

株式会社医学書院 PR部 セミナー担当
TEL:03-3817-5698
E-mailでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは平日9:00~17:00にお願いいたします。