医学書院

医学書院の各種セミナ-
Seminar

セミナー開催のご案内
Information

「標準PTOTST別巻シリーズ」刊行記念セミナー

リハビリテーションに活かす! 脳画像の読みかた

このセミナーは終了いたしました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

日時
2018年9月29日(土)13:30~17:00
会場
東京都文京区・医学書院 本社2階 会議室
会場への地図・交通案内[PDF 311KB]
定員
70名
受講料
6,000円(税込)
対象
PT、OT、STおよびその教員、「脳画像」の見方について学びたい医療関係者の方
指定
テキスト
≪標準理学療法学・作業療法学・言語聴覚障害学 別巻≫ 『脳画像』
(執筆:前田眞治 先生)定価:本体3,500円+税[ISBN 978-4-260-03250-6]医学書院 刊

脳画像が臨床に役立つことは知っていても、どのように読めばよいかがわからない方は多いのではないでしょうか。脳画像は、脳機能に結びつけて読み解くことで、リハビリテーションに役立つ様々な情報を引き出すことができます。
本セミナーは、『標準PTOTST別巻シリーズ』第一弾『脳画像』に詰め込まれたエッセンス―所見の背景にあるメカニズムから丁寧に画像を読み解くことにより、画像の白黒の暗記とは一線を画した“臨床に活きる脳画像の読みかた”―を紹介します。

※≪標準理学療法学・作業療法学・言語聴覚障害学 別巻≫『脳画像』(医学書院 刊)を指定テキストとしたセミナーです。講義に使用しますので、事前にご用意ください。(当日、会場でもご購入いただけます)

講師

前田 眞治 先生
前田 眞治 先生
国際医療福祉大学大学院リハビリテーション学分野・教授

1979年北里大医学部卒。83年同大大学院医学研究科博士課程修了。81年より神奈川県総合リハビリテーションセンター七沢病院にて脳卒中患者を中心に診療。83年より北里大医学部専任講師として幅広い疾患のリハ経験を得る。91年、同大が私立大学として全国初のPT・OT・ST養成課程(医療衛生学部リハビリテーション学科)を開講した際、助教授として高次脳機能障害学を講義。同大東病院リハビリテーション科科長を経て2005年より現職。「リハはチーム医療」との信念から、医学部卒業以来、医局ではなくリハビリテーション部に常駐し、セラピストとの緊密な関係構築を大切にしている。

プログラム(予定)

13:30
開演
13:30~15:10
各脳スライスレベルの見極めかたとその特徴
15:10~15:20
休憩
15:20~17:00
脳血管障害の画像の変化

※指定テキスト≪標準理学療法学・作業療法学・言語聴覚障害学 別巻≫『脳画像』(医学書院 刊)を使用します。

お問い合わせ
Contact Us

株式会社医学書院 PR部 セミナー担当
〒113-8719 東京都文京区本郷1-28-23
TEL:03-3817-5698
E-mailでのお問い合わせ