医学書院

医学書院の各種セミナ-
Seminar

セミナー開催のご案内
Information

ナーシングカフェ

シンプルに介助する
あらゆる状況に対応できる3つの原則を体感しよう

このセミナーは終了いたしました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

日時
2017年8月5日(土)13:00~17:00(12:30開場)
会場
東京都文京区・医学書院 本社会議室
会場への地図・交通案内[PDF 311KB]
定員
50人
受講料
6,000円(税込、当日払い)
対象
看護師、介護職

医療・介護の現場において、いかなる状況でも必ず乗り切れる「介助技術」はありません。ですが、どのような状況においても柔軟に対応することを可能にする「原則」であれば存在します。そしてその原則は難しいものではなく、いたってシンプルなものです。

  • 手の平返しで抱える
  • 骨盤の位置は相手より低く
  • 相手と一体化する

の3点で、介助技術の「マスターキー」とも言えるものです。
本セミナーは体験型のワークショップで、「介助に必要な身体づくり」から始まり、上記の「相手との関係の3原則」、そして3原則で構成された実際の介助技術を、講師の指導のもと体感していただきます。

講師

講師・ファシリテーター写真
岡田 慎一郎 先生
理学療法士、介護福祉士

古武術の身体運用を取り入れるなど、独自の発想で「身体を痛めない」「力に頼らない」介助技術を国内外での講演、研修会、また著書にて発信している。近年は消防、育児、競技スポーツなど様々な分野で氏の身体理論が取り入れられる場面があり、その活動は広がりを見せている。
本セミナーの内容をまとめた『あらゆる状況に対応できる シンプル身体介助術 [DVD・Web動画付] 』が4月末に医学書院より発行。

プログラム(予定)

開場
第I部「介助に必要な身体づくり」(約50分)
休憩
第II部「相手との関係の3原則」(約50分)
①手の平返しで抱える、②骨盤の位置は相手より低く、③相手と一体化する
休憩
第III部「実践編」―具体的介助技術の実践①(約50分)
床・ベッド上を想定した体位交換、重度の方を床から立ち上がらせる、等
休憩
第III部「実践編」―具体的介助技術の実践②(約50分)
床・車いす・ベッド間を想定した移乗動作、チームで行う介助、等
【講師より】
休憩時間、終了後など自由に質問をして下さい。すべてに実技を交えお答えします。
【ご参加いただくにあたり】
  • 実際に身体を動かし介助技術を体感していただきます。動きやすい服装、靴でお越し下さい。もしくは着替えをご持参下さい。上履きは不要です。
  • 靴を脱ぎブルーシートの上で実技を行っていただく場面もあります。
  • 参加者同士でペアになり実技を行っていただく場面もあります。
以上、ご了解の上、ご参加下さい。

お問い合わせ
Contact Us

株式会社医学書院 PR部 セミナー担当
TEL:03-3817-5698 FAX:03-3815-7850
E-mail:

お電話でのお問い合わせはともに平日9:00~12:00、13:00~17:00にお願いいたします。
TEL、FAX、E-mailでのお申し込みは受け付けておりません。上の[申し込む]ボタンからお申し込みください。